僕たちが僕たちを乗り越えないと・・・

懸賞 2014年 05月 26日 懸賞

21日、23日と大好きな東方神起の東京ドームライブに行ってきました。

いつも彼らからは感動と沢山の気付きをもらいます。

最後のリーダーのあいさつで

「僕たちが僕たちを乗り越えないといけない」

とありました。

昨年5大ドームツアーと言う自分たちの夢を叶え、日産スタジアムと言う更に大きなステージを終えて迎えた今年のライブツアー。

歌もさることながら、パフォーマンス、踊りが彼らの代名詞でもあり、それを周囲からは

期待され、求められる。

けれど年齢も重なり、毎年体力も落ちる中

大きなプレッシャーと共に迎えた今年のライブ。

そんな中で

「でも今感じたのは、皆さんが好きで、本気で気持ちを込めて歌うことで十分じゃないかって。
皆さんと一緒に成長していきたい」

と彼の挨拶が続き・・・

パフォーマンスも大事だけれど、皆が好きで、気持ちが何より大事だと、

それで気持ちが伝わると気付いた彼ら。

易での大事な教えに

「陰極まれば陽生ず。陽極まれば陰生ず」

があります。

極みは変化を生み、逆の現象を生み出す。

だから落ち込む時は徹底的に落ち込むことが大切。

辛い事、壁にぶち当たった時に

「悩まない、大丈夫、大丈夫」

なんて変にポジティブにしようとするとなかなか苦悩から抜け出せなくなる。

だから徹底的に落ち込んで、反省する事が大事なのです。

そして、もっと大切な事は

「慢心」に陥らない事!!

「私はもうこれで良いんだ!私って最高!」

と思わない事。

「自分にはまだ上がある」

と常に成長しよう、向上しようとすること。


そうすれば、下る事がないのだ。。。

8月11日が山の日になったようだけれど

山登りも、頂上に登れば後は下るしかない。。。

だから、人生最後まで常に上を目指して、成長しようと心掛ける事がとても大切なのです。

そうすれば更に自分の人生は発展し、開けて行く。

無限の可能性があるのだ。

彼の挨拶はまさに易の教えの神髄をついている。

人はいつまでも成長できる。

それが人生の楽しさなのです
音符♪

それを気学や易は分かり易く教えてくれます
heart

by new-kao | 2014-05-26 18:30 | 気学・易の知恵

<< 人生はいくらでもいつかでも変え...   名前も土台が大切です >>